ホーム 注目情報 社会福祉士って何?(資格、国家試験のことなど) 入会のご案内 新潟県社会福祉士会について 日本社会福祉士会について
公開情報 委員会組織 事務局

新潟県社会福祉士会が主催・共催する研修・講座のご案内

社会福祉に関する知識・技術の普及・啓発のための研修

アイコン平成29年度 地域包括支援センターネットワーク実践力養成研修
日程 (前期2日間) 平成29年8月22日(火)〜8月23日(火)
(後期1日間) 平成29年12月12日(火)
会場 新潟ユニゾンプラザ 5階 中研修室 (新潟市中央区上所2-2-2)
gooleマップ
定員 50名
対象 地域包括支援センター職員、市町村職員、社会福祉協議会職員、障がい者相談支援センター職員、介護支援専門員等、地域包括ケアに携わる方
内容 3日間の集合研修、事前課題、中間課題の提出
詳細・申込 開催要項pdfファイル 及び 申込書wordファイル をご覧ください。
申込書に必要事項をご記入のうえ、
FAXまたは郵送にてお送りください(電話での申込みは不可)
受講者の皆様へ 中間課題「企画シート」(A3)のデータは、こちらwordファイル
中間課題で設定される「企画シート」の記入及び提出期日は以下のとおりです。お忘れにならないようご注意ください。
★計画時の記入は・・・平成29年9月22日までに行う。(提出の必要なし)
☆実施後の中間報告は・・・平成29年11月24日までに提出する。(必着)
  ※提出の際は、必ず受講者番号と氏名を記入してください。
〇提出方法
  郵送もしくはE-mailにてご提出ください。いずれの場合も必着です。
  【FAXは不可、期日厳守でお願いいたします。】
〇提出先
  【郵送の場合】
  〒950−0994 新潟市中央区上所2−2−2
   新潟ユニゾンプラザ3階
  (公社)新潟県社会福祉士会 事務局 熊島宛て
  ※ネットワーク研修「中間課題」在中と封筒に記載してください。
 【E-mailの場合】
 担当 : 熊島 メールアドレス njacsw@poplar.ocn.ne.jp
 メールの件名 : 「ネットワーク研修・中間課題の提出」
 メールの本文には、(1)受講者番号、(2)氏名を必ず記載してください。

社会福祉士の専門性を高めるための研修

アイコン 生活支援班研修「地域共生〜地域でともにいきる」
日程 2018年1月19日(金) 13時30分〜16時30分
会場 新潟ユニゾンプラザ5階「中研修室」
gooleマップ
定員 80名
ねらい・内容 地域共生社会においてソーシャルワークを展開する上で、自身が主とする実践領域以外の他領域の支援のしくみがどうなっているのか、他職種がどんな仕事をしているのかを知ることで、自身が行っている支援とつなげて活用していくことができるのではないでしょうか。「わからないからうまくつながれない…」じゃ、もったいない。支援の幅を拡げるために、他領域・他職種のお話を聞いてみましょう!
詳細・申込 開催要項・申込書pdfファイルをご覧ください。
アイコン研修・講座申込フォームからお申込みいただけます。
アイコン 若手社会福祉士さん集まれ!真剣20代・30代しゃべり場
日程 2017年12月10日(日) 10時30分〜12時00分
会場 Sea Point NIIGATA(新潟市・関屋浜の海の家)
gooleマップ
ねらい・内容 「社会福祉士の資格は取れたけど、実際活かせているんだろうか?」「相談援助職って孤独な時がある…」って思っている若手の社会福祉士さん、いらっしゃいませんか?世代も悩みも近い者同士、ネットワーキングしちゃいましょう!
名刺をお持ちでない方は、当会が準備をお手伝いいたします。
詳細・申込 開催要項・申込書pdfファイルをご覧ください。
アイコン研修・講座申込フォームからお申込みいただけます。
アイコン 高齢者支援班・佐渡地区勉強会
日程 平成29年11月23日(木・祝) 15:30〜17:30
会場 特別養護老人ホーム新穂愛宕の園弐号館 ボランティア室
(佐渡市新穂瓜生屋513−1)
gooleマップ
内容 新しく設立された認知症疾患センターの方より、設立の経緯や目的、今後の方向性について現場で取り組まれている状況を学び、今後認知症の方に対して地域全体で連携し、支えていけるよう、さらなる連携強化の機会にしたいと思います。
また、社会福祉士の皆さんと情報交換や交流を通してネットワークを広げていきましょう!
講義: 「医療と施設・在宅連携〜地域全体で認知症の方を支える〜」
      新潟県厚生農業協同組合連合会 みずほ病院 認知症疾患医療センター
      看護師 柳屋 美由紀 様
その他: 質疑応答、意見交換
詳細・申込 開催要項pdfファイル及び申込書wardファイルをご覧ください。
申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込みいただくか、
アイコン研修・講座申込フォームからお申込みください。
アイコン 高齢者権利擁護相談支援事業 事例検討会
         「共依存による虐待ケースへの対応の視点とポイント」
日時 2017年12月4日(月) 13:30〜16:30
会場 燕三条地場産業振興センター・メッセピア
gooleマップ
対象 市町村及び地域包括支援センターの高齢者虐待対応担当者、
高齢者虐待対応専門職チームの社会福祉士・弁護士
詳細 当会が新潟県から受託している「新潟県高齢者権利擁護相談支援事業」の一環で行う研修です。
開催要項は、こちらpdfファイル
アイコン 相談援助スキルアップセミナー 〜アセスメントを考える〜
日時 2017年11月22日(水) 10:00〜16:30
会場 燕三条地場産業振興センター・メッセピア
gooleマップ
定員 100名
対象 対象者の種別や領域、サービス形態を問わず、
『クライエントを支えるために、対人援助、相談援助をしている方』
参加費 新潟県社会福祉士会会員2,000円/非会員6,000円
詳細・申込 案内文書pdfファイルをご覧ください。
※定員に達したため、受講申込を締め切りました。
アイコン 2017年度 基礎研修T
対象 新潟県内の社会福祉士
ねらい T、U、Vの3つの研修から構成される「基礎研修」は、入会してはじめに受けていただきたい研修課程です。社会福祉士として必要な基礎知識を(最短で)3年間かけて学んでいきます。その後の専門研修の受講や認定社会福祉士資格を取得するためには欠かせない研修となっています。
「基礎研修T」は、【社会福祉士としての自覚】を深めるとともに、【実践の基礎となる「価値・知識・技術」】の概要を理解することをねらいとしており、自己学習やレポート、集合研修により日本社会福祉士会の歴史や生涯研修制度、倫理綱領や社会福祉士の共通基盤となる知識や技術について学ぶ研修です。
詳細・申込 開催要項をご確認ください。
 WORDファイル基礎研修T開催要項
日程・会場 カリキュラム表をご確認ください。
 PDFファイル基礎研修Tカリキュラム表  PDFファイル会場案内
再履修について 前年度までの「基礎研修T」を受講し、課題の未提出や集合研修の欠席などで履修できなかった科目があった場合、「基礎研修T」の受講期間を延長し、その科目のみを再履修することができます。
科目の再履修をご希望の方は、科目・日程をご確認のうえWORDファイル基礎研修T再履修申込書にてお申込みください。
(期間延長の注意事項等を掲載しています。よくお読みください。)
アイコン 2017年度 基礎研修U
対象 基礎研修Tを修了した方
ねらい 「基礎研修U」は、基礎研修T修了者を対象に、社会福祉士として共通に必要な実践の基礎的知識や技術について自己学習やレポート、集合研修により学ぶ研修です。
基礎研修Tに比べてさらに実践的な内容になっており、社会福祉士として、【倫理綱領や行動規範をふまえた実践の理解】【共通基盤について理解を深め、実践との関係を知ること】【社会福祉援助の展開過程を知り、それをふまえた実践ができること】【スーパービジョンについて学ぶこと】を到達点としてプログラムされた研修です。
詳細・申込 開催要項をご確認ください。
 WORDファイル基礎研修U開催要項
日程・会場 カリキュラム表をご確認ください。
 PDFファイル基礎研修Uカリキュラム表  PDFファイル会場案内
再履修について 前年度までの「基礎研修T」を受講し、課題の未提出や集合研修の欠席などで履修できなかった科目があった場合、「基礎研修T」の受講期間を延長し、その科目のみを再履修することができます。
科目の再履修をご希望の方は、科目・日程をご確認のうえWORDファイル基礎研修U再履修申込書にてお申込みください。
(期間延長の注意事項等を掲載しています。よくお読みください。)
部分受講について
(他県士会会員の方)
他県社会福祉士会会員の方で、所属する都道府県社士会での受講ができないカリキュラムを部分的に新潟県で振替受講する場合は、WORDファイル基礎研修U部分受講申込書に必要事項をご記入のうえ、メールア゛レスメール添付またはFAXにて新潟県社会福祉士会事務局へお送りください。
*所属する都道府県社士会事務局にもご連絡ください。
アイコン 2017年度 基礎研修V
対象 基礎研修Uを修了した方
ねらい 「基礎研修V」は、基礎研修U修了者を対象に、社会福祉士として共通に必要な実践の基礎的知識や技術について、自己学習やレポート、集合研修により学ぶ研修です。
基礎研修T、U、Vの一連の研修カリキュラムの最終課程にあたり、【権利擁護実践の基礎の理解】【ソーシャルワーク理論をふまえた援助システムの理解】【地域福祉システムと実践の関係の理解】【スーパービジョンの体験】を到達点としてプログラムされた研修です。
詳細・申込 開催要項をご確認ください。
 WORDファイル基礎研修V開催要項
日程・会場 カリキュラム表をご確認ください。
 PDFファイル基礎研修Vカリキュラム表  PDFファイル会場案内
再履修について 前年度までの「基礎研修T」を受講し、課題の未提出や集合研修の欠席などで履修できなかった科目があった場合、「基礎研修T」の受講期間を延長し、その科目のみを再履修することができます。
科目の再履修をご希望の方は、科目・日程をご確認のうえWORDファイル基礎研修V再履修申込書にてお申込みください。
(期間延長の注意事項等を掲載しています。よくお読みください。)
部分受講について
(他県士会会員の方)
他県社会福祉士会会員の方で、所属する都道府県社士会での受講ができないカリキュラムを部分的に新潟県で振替受講する場合は、WORDファイル基礎研修V部分受講申込書に必要事項をご記入のうえ、メールア゛レスメール添付またはFAXにて新潟県社会福祉士会事務局へお送りください。
*所属する都道府県社士会事務局にもご連絡ください。

平成29年度 終了した研修・講座

平成29年10月28日(土) 高齢者支援班・佐渡地区勉強会
【新潟会場】2017年10日4日(水)
【県央会場】2017年10月30日(月)
福祉関係者のための成年後見活用講座(ステップアップ編)
平成29年8月10日(木) 社会福祉士実習指導者フォローアップ研修
平成29年7月8日(土) ソーシャルワーカーデーinにいがた2017
「福祉のワクワク★ドキドキ伝えます」
【新潟会場】2017年7月1日(土)
【県央会場】2017年7月9日(日)
今こそ、ソーシャルワークを語ろう
平成29年6月29日(木) 福祉サービス第三者評価基準を活用した自己評価研修会
平成29年6月11日(日) 会員全体研修「ソーシャルワーカーのプライド―わたしたちの倫理とは―」
平成29年6月5日(月) 地域包括ケアの中の総合事業について
  〜地域力・住民力で安心まちづくり〜
【新潟会場】2017年5月23日(火)
【県央会場】2017年5月31日(水)
福祉関係者のための成年後見活用講座(入門編)